“GBGB2019” G-Beat Gig-Box

投稿日

2019年6月30日

こんにちは!じもてん群馬の代表の浅香です。連日、雨の日が続きますね。昨日6/29の高崎市はカラッとRockな1日でした!皆さまはご存知でしょうか?昨日は群馬を代表するロックフェス「GBGB2019」が高崎アリーナにて開催されました!当フェスは2013年から続くイノベイティブなロックフェスです。


コンセプトは「障害者と健常者との本当の意味でのバリアフリー」1990年に解散した伝説のロックバンドROGUEのボーカリスト奥野敦士さん(前橋市出身)が、不慮の事故で脊髄を損傷し下半身付随となり福祉・地域貢献の為に、スタートしたのが当フェスです。
奥野さんがロックを再開した切っ掛けはMr.Childrenの櫻井和寿さんが、ROGUEの〝終わりのない歌〟を歌ったことだそうです。もう、この時点でウルっと来ますね(涙)今回はGBGB2019のレポートをさせて頂きます!まずは、出演者アーティストです。
(ハンパないですよー!グンマーとか、言わないで下さい。本当に!)
ROGUE/SUGIZO(LUNA SEA/XJAPAN)/INORAN(LUNA SEA)/JAM Project/清春/SIREN TSIREN/PIGGYBANKS(矢沢洋子)/BLUE ANGEL/ザ・ヒーナキャット/BRIDEAR/Cat Street
(ハンパない面子ですよね!まだ、グンマーって言って来ますか??)


そして、フード&ドリンクコーナーも最高でした!群馬を代表するお店の出店でコーナーは大盛り上がりで、気になっていたお店のフードをゲットできました!その他にも、チャリティ整体やグッズなど、福祉に貢献できるコンテンツが複数ありました。
肝心のライブのレポートですが、、アーティストの勢い・サウンドエンジニアのテクニック共に心底圧巻、感無量でした。群馬県に素敵なイベントを定着して頂き、ありがとうございます!
最近、当フェスをはじめ、高崎市の「ゼツ飯」など過去にないアクションから群馬は新たなフェーズを迎えようとしている事を日々感じております!心からグンマーが大好きです。浅香淳史